矯正歯科なら守口市の岡本矯正歯科へ
HOME>目立たない装置

目立たない装置

舌側矯正
舌側矯正のイメージ

舌側矯正(裏側矯正)とは、従来は歯の表側につける装置を、歯の裏側につけることで矯正装置が見えないようにし、人に矯正していることを知られずに治療を進められる歯列矯正方法です。特に女性に人気の治療法で、その中でも人前に立つことの多いモデルの方や、接客関係の仕事をされている方が、裏側矯正を選ばれています。装置が見えないという特性を生かして、ウエディングに向けて開始される方もいらっしゃいます。

舌側矯正のメリット
矯正装置が外から見えない。

舌側矯正(裏側矯正)の最大のメリットは何と言っても、裏側にあることで見えにくいという、審美性と言えます。表に装置がない分、厚みが出ることもなく、人に気づかれずに治療を行えるので、気兼ねなく開始できます。

矯正装置に違和感が少ない。

舌側矯正の違和感を改善するために、大きさを従来の半分程度にしています。
さらに矯正装置の構造が丸みを帯びているため、話しにくさや食べにくさが軽減されました。

治療期間が短い。

矯正装置が小さいため、装置と装置の間の距離が広がりました。そのため、ワイヤーの弾性を効果的に利用でき、弱い矯正力で効率よく歯を移動できます。

虫歯になりにくい。

実は、表側矯正よりも裏側矯正のほうが虫歯になりにくいという特徴があります。歯の裏側は絶えず唾液で湿っており、虫歯の原因となる細菌が作り出す酸を中性にするため、虫歯になりにくいのです。

ブラッシングしやすい。

矯正装置が薄くて丸みを帯びているため、従来の装置よりもブラッシングしやすくなりました。

マウスピース矯正
マウスピース矯正のイメージ

マウスピース矯正は、最近の10年間で登場した比較的新しい分野の矯正治療法です。最新の技術を用いて、コンピュータ上でシュミレーションしながらオーダーメードのマウスピースを製作します。治療段階に合わせて交換していくことで、歯を移動させていく矯正方法です。極めて満足度の高い治療として注目を集めています。

クリアライナー装置

クリアライナー装置とは、透明なマウスピースを毎日20時間程度装着して徐々に歯を動かしていきます。透明なので近くで見てもまったくわかりません。又、取り外しができるので便利で清掃性も高い治療方法です。

マウスピース矯正のメリット
見た目が良い。

透明なマウスピースにより、ほとんど目立たず審美性を確保できる点、取り外せる便利さにあります。

痛みが少ない。

歯列矯正を経験している方はわかると思いますが、ワイヤーは口の中を傷つけ痛みが出ます。
マウスピースは通常痛くありません。

食事がしやすい・取り外せる。

取り外しが可能です。ワイヤーと異なり食事のときは外すことが出来ます。
ワイヤー矯正では、舌や頬を噛んで食事が出来なかった方も多いことでしょう。マウスピース矯正では外せますので、その問題がありません。

虫歯や歯周病になりにくい。

ワイヤー矯正はブラッシングが難しく、虫歯や歯周病になることがありました。
マウスピース矯正は取り外して歯を磨くことが可能です。当然虫歯や歯周病を予防することが出来ます。
(ただし、歯を磨かなければ虫歯になります。)

ホワイトニングも同時に治療可能。

マウスピースにホワイトニングジェルを流し込んで使用すれば、矯正しながらホームホワイトニングも同時にできてしまいます。

マウスピース矯正を受けるにあたり・・・

マウスピース矯正は、メリットとデメリットがハッキリしている分、選ぶ患者様に委ねられる部分が大きい治療法です。目的をしっかり考えたうえで、条件があうのかどうか、医師に、しっかりと相談し判断されることをお勧めします。

問い合わせ