矯正歯科なら守口市の岡本矯正歯科へ
HOME>子供の歯並び(小児)

子供の歯並び(小児)

子供の歯列矯正(小児矯正)
子供の歯列矯正(小児矯正)のイメージ

小児歯列矯正とは、大人の矯正のように負荷をかけて動かすというよりは、顎の成長をコントロールすることで、適正な歯並びに整えていくという考え方のほうが分かりやすいかもしれません。また、乳歯から永久歯に生え換わる時期でもあるので、それをふまえた上で、矯正治療を行うことが大切です。

子供の歯列矯正のメリット

成人矯正と比べ、小児歯列矯正は顎の成長をうまく利用して行えるという点にあります。無理に力を加えずにコントロールしながらの治療となるので、意図的に抜歯をしなくても済む場合もあります。また、社会人のように限られた時間の中で忙しい思いをして通う必要がない点もメリットといえます。

子供の歯列矯正の時期とポイント

子供の歯列矯正は、年齢によって治療法が異なります。

幼児期の歯列矯正

乳歯が正しく生えるかどうか、それによりその後の永久歯の生え方が変わってきますので、事前に問題が起こるのを予防すると考えます。

小学生の歯列矯正

この時期は歯列矯正というよりも、顎が正しく成長するようにサポートすることが多くなります。
顎に適切なスペースがあれば、永久歯がキチンと生えてきますので、最も矯正治療に適した時期ということができます。

中高生の矯正

中学校を卒業する頃になると、顎の成長も終わり、大人と同じ骨格になると言われています。ですので、後は学生のうちに受けるか、社会人になってから治療を開始するのかがポイントです。

子供の矯正治療の流れ

子供の矯正治療は下記のような流れになります。

初診相談(相談無料)のイメージ
1.初診相談(相談無料)

問診、視診等を行い治療全体の概要に関して説明を致します。

精密検査のイメージ
2.精密検査

歯や口の写真、レントゲン、歯列模型などの治療計画に必要な資料をとります。

矯正診断のイメージ
3.矯正診断

検査結果をもとに、噛み合せの診断と治療計画、治療方法、治療期間、費用についての説明を行います。虫歯や歯周病がある場合は先にそちらの治療を進めます。

治療開始のイメージ
4.治療開始
  1. 動的治療
    治療計画に従い、いろいろな装置を使って歯を動かしていきます。
     【第1期治療】混合歯列の時に使う土台作りとしての治療
     【第2期治療】永久歯列の時に行う仕上げの治療
  2. 保定治療
    動かした歯が後戻りしないように保定装置を使って頂きます。
定期検査のイメージ
5.定期検査

定期的に噛み合わせなどの検査をします。

問い合わせ