矯正歯科なら守口市の岡本矯正歯科へ
HOME>矯正歯科とは

| 矯正歯科とは |

よい咬み合わせ&きれいな歯並び

見た目が美しく、すべての歯がバランスよく咬み合っているのが、よい咬み合わせの基本。
左右にあごがずれていたり、上下のあごのどちらかが前に突き出ていたりする場合は、咬み合わせや歯並びに何らかの問題があると考えられます。
では、食べものをしっかりと噛める、キレイで機能的な口もとでは?
まずは、「理想的」といわれる咬み合わせの基準を知っておきましょう。

1.「一歯対二歯の咬み合わせ」になっている。

犬歯から奥の歯が、上あごの歯1本に対して下あごの歯2本の割合でバランスよく咬み合っている状態を、一歯対二歯の咬み合わせといいます。
上下左右の奥歯が隙間なくしっかり咬み合っていることがポイントです。

2.「正中線」が一致している。

上下それぞれの前歯の中心線。
これが上下でほぼ一直線になっていて、歯の正中線が顔の真ん中の線上にきていることが咬み合わせのよしあしを見極める第一歩です。

3.「Eライン」が整っている。

鼻先とあごの先を結んだ線が「Eライン」という。
日本人の大人の場合、上唇がEラインより少し内側に、下唇がほぼライン上にあるのが、キレイな横顔の基本とされています。

4.「オーバーバイト」・「オーバーエージェント」が大切

前歯の咬み合わせの状態は、専門的にオーバーバイト、オーバージェットという言葉で表されます。
オーバージェットとは、突出の度合い、オーバーバイトとは咬み合わせの深さの度合いを示すもの。
歯を自然に咬みあわせた時、上の歯が下の前歯に水平・垂直方向で約2mmずつかぶさっているのがよい咬み合わせとされています。

問い合わせ